迷色まくるの巡礼の日々

迷色まくるの巡礼の日々

ワクワクを優先して生きていく

競艇

趣味との付き合い方を考えた。ひとつの趣味に依存し過ぎないことが大事なのかな。

僕はKalafinaが大好きです。Kalafinaが活動していた2年前までは、Kalafinaに多くの時間とお金を使っていました。それが、2018年3月をもって活動休止、今年になって解散となってしまった。訪れたのは、ものすごいKalafinaロス。僕は、ストレス解消法方…

ボートレースオールスター(笹川賞)の優勝戦を「ゾーン買い」で的中させた。けれども。。。

昨日は、笹川賞優勝戦でした。レースは、1番人気の吉川元浩が期待に応え、インから力強く逃げを決め優勝しました。2コースの峰竜太が凹んでも関係なかったですね。笹川賞優勝戦結果吉川選手は、総理杯に続きSGレース2連続優勝です。40代ですが今が一番…

レゴで競艇のボートを作ってみた。スコーピオンターンもあるよ。

息子が大好きなレゴブロック。今回は、息子にアドバイスをもらいながら、レゴで競艇のボートを作ってみました。なんとなく作った1作目。フィギュアにモンキーターンをさせてみました。1作目 6号艇しかし、とても競艇のボートには見えません。舳先がとんが…

ボートレース三国で「ゾーン買い」しながらノスタルジーに浸った

家族に時間をもらったので、久しぶりにボートレース三国へ行きました。最近、脳内で試している「ゾーン買い」を実践しました。ゾーン買いとは、1Rにおける予算が1000円であり、なかなか舟券が的中しない僕が考えた、的中率を上げるための買い方。20番…

【インファイター】 何がなんでも3コースまでに入る!『前付け断行』の6選手を紹介します

枠なり3対3進入が当たり前になって結構経ちました。昔は、イン屋、アウト屋がハッキリして、選手に個性があり面白かったですね。スーパーピット離れで何号艇でもイン取りする西田靖。1号艇でもカドを選択する山田豊など。また、西島義則選手は80メート…

教訓

☆穴こそ収益源 「穴のにおい」がしたときこそ深い考察をすること。抜け漏れがないように手広く買うこと。 逆にイン逃げを買うときは消す選手を探す作業なので楽。☆インが信頼できないとき、2、3番手がらみの3連複4点買いを一考せよ☆負けを取り戻すのは時…

AIと競艇

体操の審判にAIが導入されるそうです。人間がするより正確さと公平性が向上するとのこと。AIの発展はすごいですね。AIに仕事を奪われるとか、AIに負ける将棋棋士とか、新聞にAIという文字が出ない日がありません。株の世界では今のところAIでの運用はイマイ…

競艇におけるファンダメンタルとテクニカル分析について

株と競艇の比較。 ・ファンダメンタル[実際の業績]は目展示評価 ・テクニカル[チャート]は過去のデータ。競艇場や選手のコース別勝率、平均スタートなど。株の場合、ファンダメンタルがよくても上がらないことはよくある。対して競艇の場合、目展示がよい選…

戸田競艇は楽しい!

初めての戸田競艇。 戸田公園駅からファンバスに乗ること10分で、戸田競艇の対岸側停車場に到着した。運転手のお兄さんに帰りのバスのことを聞くと、「コンスタントに便はありますよ」とやさしく教えてくれた。なんてことない会話だったが人見知りの自分にと…

ボートピア横浜

5階まであり、4、5階が指定席だった。長居するつもりがなかったので3階の一般フロアへ。ボートピア津幡のようなコスプレっぽい若いクルーのお姉さんはいなかった。。案内所にいたのは普通のかっこのお姉さんでした。癒しという観点からすると、コスプレ…

ミスとの付き合い方

予想にミスはあるもの。 穴を来そうだと直感で思ったが、考えるうちに、まあ来ないよなと本命買いに切り替えたら、最初に思った穴目がくること。 締め切り後に、よく考えたらあっちを買えば良かったな、という目が来ること。 そんなときは気持ちの切り替えが…

3連複の魔術師

ダービー優勝戦。展示もそれほど差がない?エンジン良いのは1守田と4篠崎で、進入もそこまでもつれなさそう。少なくとも深インはなさそう。逃げるよね。1番人気は11倍くらい。ってことで、インから9~12点買うか?ここで3連複オッズを見てみる。1-4…

競艇選手はエライ!

会社でいろいろあるけど、人の評価はどうでもいいですよ。楽しく生きていきたい。いろんな制約、束縛から離れた世界で生きていきたい。今日も競艇に依存します。 自分なんかの悩み、辛さなんて競艇選手の大変さからしたら大したことない!競艇選手だって好不…

回収率を上げる方法

今まで各レースごとに購入額の3倍以上になるように 買い目をしぼって狙って賭け続けてきた。結果、抜け目裏目の繰り返し。1日12R中、的中がよくて1、2回、ボウズの日もざらにあった。儲けることを目標にし過ぎて保険の舟券を買わなくなっていたからだ…

信じ過ぎない。疑い過ぎない。

選手のコメントを鵜呑みにしすぎない。かといって軽視しない。 元選手の解説を信じすぎない。かといって無視しない。 自分の予想は正解とは言い切れない。かといって不正解とも言い切れない。 自分の中での本命の目は来ないことが多い。 正解はその目の周り…

ディアボート三国で大村ナイター(10/5)

金曜日。何とか会社を定時で上がりディアボート三国へ。 予定通り18時に入場できた。入場すると受付のおばちゃんが2人。このあたりが三国らしいなあ。17時以降は500円とのこと。安い。半個室は1000円だがあまりメリットはないような気がする。 ミ…

ボートピア津幡に初訪問(9/29)

G1戦5日目の児島競艇に旅打ちに行く予定が、台風24号のせいで断念した。 楽しみしていたのに。その代わりに、お隣石川県のミニボートピア津幡に行ってみることにした。ボートピアの特別観覧席に行ってみたかったので。 ミニボートピア津幡は8号線沿いにあり…

「お気に入り選手」の弊害

競艇が好きだ。スポーツとして好きだ。 万年Bクラスのひいきのプロ野球チームを応援するように、 勝てなくても応援したい選手がいる。応援したいシチュエーションがある。 そんな時ははやり「応援舟券」を購入してしまう。 回収率の観点から考えると、「買うべ…

勝負に徹する

全く的中しないと楽しくなくなってくる。 競艇を楽しむために的中したい! 『楽しむために』 冷静に舟足を見極めて来る可能性の高い目をしっかり選択する。可能性の低い目はスパッと切る。 ここでオッズを気にしてはいけない。安すぎるから買わない。来る可…

競艇との付き合い方

楽しみたい気持ちと儲けたい気持ちが、バランスを崩すことが多々ある。 「楽しむための競艇」なのに、「儲けるための競艇」に目的がいつも変化してしまう。 必勝法を模索し、実践。挫折の末競艇から離れる。。の繰り返し。素人の時は、儲けることよりも、「…

競艇を始めたころ

19歳の時に初めて浜名湖競艇場に行った。 うろ覚えだが「烏野賢太」の頭で的中した気がする。 それまでギャンブルとは無縁だったがすごく興奮した! それから競艇にどっぷりハマった。 服部幸男がブレイクしていた頃だ。 3000番台が2000番台を倒す…