迷色まくるの巡礼の日々

迷色まくるの巡礼の日々

ワクワクを優先して生きていく

金曜日の夜を3000円で楽しむ!『実践編』

みなさん、仕事初めの1週間お疲れ様でした。私「まくる」は宣言通り金曜日の夜を楽しんできました!ということで、金曜日の夜を3000円で楽しむ!『実践編』です。

20時 行先選択

前回のブログにて宣言した通り、事前の計画立案により行先は下記の2択です。
・ディアボート三国(定時パターン)
・ゆけむり温泉ゆ~遊(残業パターン)

kalafinawkh.hatenablog.com


3時間もの残業になってしまい、競艇を選択できませんでした。残念。。自動的に『ゆけむり温泉ゆー遊』選択なのですが会社から30分以上かかります。(遠いな~、めんどくせーなー、いつものように漫画喫茶に行った方が近いし楽だな~)と心でつぶやくも、事前にブログで宣言し(たった1PVとはいえ)記事を見られた方がいたことが 足かせとなり 後押しし、ゆ~遊に行くことにしました。

ゆけむり温泉 ゆ~遊 のザックリ説明

福井県民にはおなじみの天然銭湯リゾート。『♪ゆっけむりおんせん、コン(風呂桶の音)♪ゆ~・ゆ』頭の中にメロディが流れますね。天然温泉、焼肉や居酒屋グルメ、マッサージ、女性専用仮眠室、TV付リラックスチェアルーム、シアターコーナーなどを備えており、ホテルのように宿泊もできます。

f:id:Kalafinawkh:20190113191827j:plain
ゆけむり温泉 ゆ~遊

20時50分 チェックイン

ゆ~遊からの年賀状を持参したので、880円で入場できました。オ・ト・ク。おなか空いてるけど、冷え性による体の冷えがひどいので温まりたいな。仕事で頭を使いすぎたこともありリラックスもしたい!ということで、先にお風呂入って身も心もすっきりさせよう。

21時 入浴1回目

更衣室にてさっさとすっぽんぽんになり急いで風呂へ。寒いし早くご飯も食べたいので内湯だけにしとこう。まずはぬるめの日替わり湯へ。きもちいい~。オリーブ湯とのことですが、いい香りがして癒される。続いて白湯(41℃)へ移動。白湯ってラーメンですか?あたたか~い。冷えた手足指先が少しずつ温まってくる~。幸せだ~。お風呂最高!さらに温まりたく、熱めのお湯へ。あちぃ!我慢して入っていたが自分は3分くらいで限界でした。

※ちなみに、男性の内湯は、ぬるめ、白湯(41℃)、あつめ、日替わり湯(つぼ湯)、サウナと水風呂。外湯はぬるめのつぼ湯が3つです。

21時30分 今夜の一献(お酒なし)

今夜の一献はこちら。館内2Fの居酒屋だいにんぐ「さいさい」です。

f:id:Kalafinawkh:20190112155304j:plain
湯あがりだいにんぐ さいさい ほりごたつ席

時間が遅かったからかほとんどお客さんはおらず、ほりごたつ席を選択できました。

さて、何食べよう。予算の残り2120円まで食べれるぞ~。自分としてはプチ贅沢です。一品料理をいくつか頼むか、それとも高目の定食にするか。からあげ、てんぷら、おいしそ~。ゴリパラ風に言うと 343(さしみ)もうまそ~。いろいろ迷いましたが「贅沢刺身丼1780円」にしました。「No SASHIMI No LIFE」 ですからね!金沢の近江町市場直送だそうです。車なのでジンジャーエール210円も頼みました。

f:id:Kalafinawkh:20190112155346j:plain
贅沢刺身丼 ぶり、まぐろ、サーモン、いくら、甘えびなど

まずは、苦手なホタテから。ん、やわらかくて以外にうまい。そして、他のぶり、サーモン、まぐろ、いくらと次々に食べていく。どれもうまいなあ。ぶりは歯ごたえ会って。サーモンはとろっとしてて。いくらはぷちっとしてて。まぐろはやわらかくて。わさび醤油によく合う。ご飯もうまい。ぶりウマ、甘えびウマ、サーモンうま、まぐろウマ、いくらウマ。ゆっくり味わって食べました。おいしかった~、大満足!

f:id:Kalafinawkh:20190112155419j:plain
完食!

※注文はタッチパネル方式で、ロッカーキーに付帯のバーコード読取式です。支払いはチェックアウト時でよく館内で現金はほぼ使用しません。館内で財布を持ち歩かなくてよいので便利ですね。

22時 館内散策

ぶらぶらと、漫画コーナー、ゲームコーナー、マッサージチェア、TV付リラックスチェアルームなどを確認。みんなリラックスしていてよい週末を過ごしてますね~。

f:id:Kalafinawkh:20190112191346j:plain
まんがコーナー

22時15分 シアタールーム

リクライニングチェアで寝ながら映画鑑賞ができる部屋。50席ほどありましたが、10人もいませんでした。やっていたのは米中合作映画。どうやら終盤のようだ。ラスボスを倒すために仲間が犠牲になったり主役の男女が協力したり。漫画のような展開だったが以外に楽しめた。中国の女優さんがキレイでした。

22時45分 入浴2回目

さて、仕上げのお風呂です。館内は暖かいのですが、極度の冷え性なので体が冷えてきた。また温まりたい。今回もぬるめ→白湯→あつめで体を温めた。そして外湯のつぼ湯へ。外の寒さと温まった体とつぼ湯のぬるさが程よいバランスで気持ちよかった。冬の外湯も気持ちいいねえ。再度内湯の「ぬるめ」の湯へ移動。いくらでも入っていられるわ~。じんわりと汗が出てきた。体の芯からあったまったなあ。身も心もふにゃふにゃにほぐれた感じがする。気持ちよかった~。

23時34分 チェックアウト

からだぽかぽか。こころもぽっかぽか。からだゆるゆる。リフレッシュ完了でチェックアウト。

かかった費用

・入場料 880円
・贅沢刺身丼 1780円
ジンジャーエール 210円
アクエリアス 160円
合計3030円

感想、まとめ

身も心もふにゃふにゃになりました。大満足。時間がなくあまりゆっくりできなかったのが心残り。次は、もっとゆっくりしたい。できれば泊まって酒も飲みたい。一品料理をたくさん食べてみたい。1人焼肉もいいかな。あと、月曜日から「金曜日何しよう?」って考えることで、ウイークデーも楽しい気持ちになれました。

  • ゆ~遊は、身も心もふにゃふにゃになれる
  • 館内の設備は充実しておりゆっくりできる
  • 3000円で楽しめるいい場所
  • 週末何しよう?って考えるの楽しい!

ゆけむり温泉 ゆ~遊 とは

・内湯と外湯、サウナもある年中無休、24時間営業の天然温泉。
・グルメ(焼肉処新羅、ゆあがりダイニングさいさい)も楽しめ、宴会もできるようです。
・リラクゼーション(マッサージ、エステ、あかすり、マッサージチェア)その他、女性専用仮眠室、TV付リラックスチェアルーム、マンガコーナーなど
・宿泊(和室/洋室5800円、エコノミーブース3240円)
・深夜料金(1080円追加)にて仮眠室にて宿泊可。