迷色まくるの巡礼の日々

迷色まくるの巡礼の日々

ワクワクを優先して生きていく

Kalafinaが解散したので幻のアルバムを買った。新曲を手に入れた気分!


Re/oblivious

3月13日、Kalafinaは正式に解散しました。

所属事務所のスペースクラフトから発表されました。

Kalafinaの解散

正直ショックです。

事実上の解散状態でしたけど、はっきりと「解散」が確定されてしまって、

3人が集まることは、(少なくともしばらくは)ないのだと思うと。。。

数日後にWakanaさんのアルバム発売を控えたタイミングでの発表もなんだか意味深。

Wakanaさんのソロ活動に対する意思表明?(Kalafinaからの決別?)

事務所の戦略??

Wakanaさんは本当にソロがやりたいのか?

それは、たとえ梶浦さんのプロデュースじゃなくても?

www.meishiki-macru.com

Kalafina復活への希望は捨てたくないです。

また、芸術的なあの3人のハーモニーが聴きたい。

梶浦さんの立ち上げた事務所へ3人が集結することを信じて。

たとえ名前が「Kalafina」じゃなくてもいいので。


Re/oblivious

幻のミニアルバム『Re/oblivious』を購入

もう新曲を聴くことができない「Kalafina」。

Kalafinaの聴いたことのない曲を聴きたい!

ということで、今回、限定生産盤により現在は新品を手に入れることのできない幻のミニアルバムを買いました。

『Re/oblivious』 です。

f:id:Kalafinawkh:20190325204536j:plain

Re/obliviousous Kalafina

1. oblivious ~俯瞰風景 mix
2. interlude 01
3. 君が光に変えて行く ~acoustic ver.
4. interlude 02
5. 傷跡 ~piano2 mix
6. finale

限定生産品なので現在新品は手に入りません。

中古品を購入しました。5500円でした。

Re/obliviousous Kalafina

当時は1529円で販売されていたようです。

3倍以上にプレミアがついています。

唯一手元にない曲「interlude 02」が収録されているため高くても購入しました。

大満足です!

6曲全てがすごくいい!

oblivious ~俯瞰風景 mix

「oblivious」のアレンジバージョン。

僕の大好きな「seventh heaven」がいい感じに挿入されている。

ある曲に別の曲を挿入するリミックスバージョン。他の曲でもやってほしかったなあ。

音楽マニアは自分でそんなことができてしまうのでしょうか。

Re/obliviousous Kalafina

「君が光に変えていく」

Wakanaさんのソロの「君が光に変えていく」すごくいい。

KeikoさんパートもWakanaさんが歌っている。

当然ハモリもない。

原曲における僕の好きな部分。「橋を渡った河の向こうまで~」以降の「掛け合いとハモリ部分」がごっそり抜けている。

あっさり「人は何を探すの~」と続いている。

でもなんか新鮮でいい。

Re/obliviousous Kalafina

幻の「interlude 02」

この限定生産盤『Re/oblivious』にしか収録されていない幻の曲。

サンプルしか聴いたことなかった。

短い曲だけどけどすごくいい。

Keikoさんが跳ねるように歌っている。結構耳に残る曲だなあ。

聴いたことのない曲の入手で、新曲を手に入れたみたいだ。感動。

Re/obliviousous Kalafina

傷跡

3人の声が若い。歌い方もいい意味で初々しいなあ。

別バージョンっていいよなあ。伴奏も違ったりして楽しめる。

別バージョンの音源が残っているのなら発売してほしいなあ。

事務所が潤うのは悔しいが、ファンとして新曲が聴けない以上、聴いたことのない「Kalafina」を聴いてみたい。

Re/obliviousous Kalafina

Wakanaさんのソロアルバム

ちなみに大好きなWakana さんのソロアルバムも購入した。

f:id:Kalafinawkh:20190328070034j:plain

自分の買ったのは限定版でLPサイズです。

デカイ!2枚組CDです。

中にはWakana さんのミニ写真集が入っています。

相変わらずの美しさで嬉しい特典です。

f:id:Kalafinawkh:20190325204716j:plain

まだ聴いていません。

「Kalafinaの解散」をまだ受け入れたくない気持ちがあるのでなかなか聴こうという気になれないのです。

でも、そろそろ受け入れなくちゃですね。

週末に時間を作ってじっくりと聞きたいと思います

誰もいないリビングで紅茶でも飲みながら。

作詞作曲は梶浦さんじゃないんだね。当たり前だけど。

さみしいけど仕方ない。