迷色まくるの巡礼の日々

迷色まくるの巡礼の日々

ワクワクを優先して生きていく

いま、幸せかい?令和の世に、寅さんが幸せの価値観について問いかける。

www.tora-san.jp

寅さんの新作が年末に公開されるそうです。

今までの映画「男はつらいよ」の回想シーンを交えて、その後の家族の様子を描くとのこと。

ニュースウォッチ9による山田洋次監督のインタビュー。

平成の時代に、日本人のよさが薄れてきた。

地域のつながりがなくなり、家族の崩壊も始まっている。

映画を通じて、それに少しでも歯止めをかけたいとのこと。

幸せの価値観って、お金やいい車とかじゃない。

親しい人と笑い合えるのが幸せなんじゃないか。

なんかいいなって思う瞬間。

ふっと幸せだと思う瞬間。

生きててよかったなと思える瞬間。

常には思えないが、たま~に思えればいい。



「人間って何のために生きているのかな?」

過去の寅さんにて、少年時代のみつおの問いに対し、寅さんはこう答えている。

「生まれてきてよかったなと思えることが何べんかある。そのために生きているんじゃないのか?」


僕も、仕事や人間関係が辛いときなど、何のために生きているのか分からなくなるときがある。

でも、家族で笑い合えるだけで幸せだよね。

仲の良い家族がいるだけでありがたい、幸せだよ。

今ある些細な幸せを大事にしたいと思います。