迷色まくるの巡礼の日々

迷色まくるの巡礼の日々

ワクワクを優先して生きていく

「大野名水マラソン」は素晴らしい大会でした。来年も参加したい!

f:id:Kalafinawkh:20190526200933j:plain
大野市内の景色

夏のような暑さの中、「大野名水マラソン」の5キロの部に参加してきました。

結果は、公約通り27分を切ることができました!

後半、得にラスト1キロは非常に苦しかったですが、沿道の人々の熱い応援で頑張りきることができました。

とても満足です。

内容別にまとめてみました。

マラソン内容

5キロ全てを自分のトップスビードで走り切るスタミナを、僕は持ち合わせていません。

なので、最初の2キロは時速8~9kmで我慢して、抑え目に行こうと思ってました。

f:id:Kalafinawkh:20190526193826j:plain
1km地点近傍の様子(5kmの部)

大野市は山に囲まれた盆地なので、マラソンコースも山が近くていい景色が続きます。

抑え目にいく作戦だったので、最初の2キロは景色を楽しむ余裕がありました。

f:id:Kalafinawkh:20190526201400j:plain

ただ、走り続けていると自然とギアが入ります。

速度計測機能付の腕時計を見ると、いつのまにやら時速12kmに。

2キロ地点以降は、余裕がなくなりました。

息がどんどん上がっていく。

加えて今日は、真夏のような暑さ。

体力をどんどん奪われていきました。

3キロ地点以降は、いつスピードを緩めるか、弱い自分の心との戦い。

それでも、沿道の方々の応援等もあり、何とかゴールまで我慢してスピードを保つことができた。

最初の1キロくらいを、我慢してスピードを抑える作戦がうまくいった

過去の他の大会にて、最初から飛ばしていったのですが途中でバテてしまった。

自然にスピードダウンしてしまったところ他のランナーにどんどん抜かれてしまう。

人に抜かれていくとモチベーションが下がるんだよね

モチベーション下がると、自分に負けてしまい、「まあ、いっかぁ」とスピードを緩めてしまう。

今日は、抑え目にいったおかげて、道中にて他のランナーに抜かれることがほとんどなかった。

そして、少しずつではありますが、先行するランナーを追い抜くことかできたので、モチベーションを最後まで保てたと思う。

大野名水マラソンのよかったところ

参加してみた感想ですが、この「大野名水マラソン」とてもいい大会でした。

市民のみなさんの盛り上げがすごい。

会場の大野市役所は、朝からお祭りのような盛り上がりでした。

また、市民のボランティア等で関わっている人が多いですね。

中でもボランティアの中学生がとても多い。有志なのかな?

f:id:Kalafinawkh:20190526202320j:plain

スタートラインでは、ブラスバンドによる演奏があり、選手の気持ちを高めてくれます。

僕も、「ヤングマン」の演奏に元気をもらいました。

かき氷のサービスもあり。

f:id:Kalafinawkh:20190526144001j:plain

ゲストランナー渋井陽子さんのサイン会あり。

1人1人とお話しながらサインいただき、とてもいい人でした。

f:id:Kalafinawkh:20190526195659j:plain
完走証にサインいただきました

おろしそば500円。

一味をかけていただきました。

普通に美味しかった。暑いときはいいですね、おろしそば。

f:id:Kalafinawkh:20190526200058j:plain

大野の名産、すこサイダー。

少しだけお酢の風味が感じられますが、しつこくなく、また甘すぎずさっぱりとしたサイダーでした。

f:id:Kalafinawkh:20190526144048j:plain


ボランティアの方は大人も子供も一生懸命で、そして優しかったです。

「大野はいい人ばっかや」に間違いありませんでした。

市民マラソンは楽しい

f:id:Kalafinawkh:20190526202523j:plain

市民マラソンっていいですね。

参加して楽しい!

ただ走るだけじゃないんです。

大会ごとに特徴があって、お祭りムードだったり、イベントに力を入れていたり、出店が充実していたり。

マラソン以外で楽しめる要素がいっぱいあります。

また、沿道の応援の方に力をもらえたり、知らないランナー同士で競い合ったり、まれに励まし合ったり。

今日は、とても楽しくて、「俺、生きてる~、楽しい~」って思いました。

地元の福井マラソンが当面中止とのことで、とても残念です。

www.meishiki-macru.com

ですが、これからは、地元以外の市民マラソンに参加していきたいですね。

1泊2日の旅行がてら、県外遠征も楽しそう。


僕は、Kalafinaのライブに行くのが生き甲斐でした。

Kalafina解散により生き甲斐をなくしてしまいましたが、これからは、市民マラソンに出ることを生き甲斐の1つとしたいと思います。

2ヶ月に1回くらいのペースでエントリーしたいな。

タイムを狙い出すと「苦行」になってしまいますので、タイムアタックはほどほどに、楽しんで参加することをモットーとしたいです。

大野名水マラソンは、生き甲斐を見つけるよいきっかけになりました。

大野市の皆さん、ありがとうございました!

f:id:Kalafinawkh:20190526202855j:plain
参加賞のTシャツ

県内外のランナーの皆さん。

「大野名水マラソン」はとても楽しくて気持ちの良い大会です。

来年、ぜひ参加してみてください。

オススメです。