迷色まくるの巡礼の日々

迷色まくるの巡礼の日々

ワクワクを優先して生きていく

好きな物語を、毎日10ページずつ読むのが帰宅後の楽しみ。


少し前に読み終わった大好きな物語「そして、バトンは渡された」。

www.meishiki-macru.com

毎日少しずつ読み返してます。1日10ページくらいでしょうか。

好きな本を少しずつゆっくり噛みしめながら、再読する。

結構オススメです。

「友達未遂」を読み始めました

宮西真冬著 「友達未遂」を読み始めました。

数ページ読んだところで、この本は面白いという「予感」を感じることはありませんでした。

www.meishiki-macru.com

でも、気になる展開なので読み続けることにしました。

ハッピーな話を読みたい僕

友達未遂 /講談社/宮西真冬

「友達未遂」は「親に大切にされなかった」高校1年生の主人公。

もう一度人を信じてもよいのかな?と心が揺れるところで第1章が終了した。

ハッピーな話なのかそうでないのか。現時点では分からない。

僕は事前情報をなるべくインプットしないで本を読むので。

でも、救われない暗い物語だったら自分が苦しくなってしまう。

最近の僕は、人が死ぬのはもちろん、暗い物語を読むのが辛くなってしまいました。

なので、補填として、並行して「バトン」を少しずつ読むことにしたのです。

そして、バトンは渡された /文藝春秋/瀬尾まいこ

「バトン」は登場人物全員が愛にあふれていて、微笑ましくて、読んでるこっちが幸せな気持ちになれる。

1日10ページずつですが、森宮親子のやり取りであったり、歴代の親たちの愛の溢れる言動に、再度癒されています。

大好きな物語の世界に、しばらくの期間、ゆっくり噛みしめながら浸ることができるので、とてもよい再読方法だと思ってます。

まとめ

毎日、大好きな物語に触れること。

帰宅後の楽しみが増え、仕事も頑張れます。

1日10ページほどなので、時間もかからないし癒されるしで、いいことばかりです。

みなさんも、「大好きな物語」をじっくり読み返してみてはいかがでしょうか?


※マイルールの30分を今日も超えてしまいました。

文章もつたないしまだまだですね。

所要時間 38分
紙に書きだす 10分
ブログを書き上げる 28分

www.meishiki-macru.com

www.meishiki-macru.com