迷色まくるの巡礼の日々

迷色まくるの巡礼の日々

ワクワクを優先して生きていく

最近、力を抜いて仕事をしているため気持ちが楽だ。でも、決してサボっているわけではない。

f:id:Kalafinawkh:20190619195130j:plain

僕は最近、力を抜いて仕事をしている。

そのため、気持ち的にとても楽です。

そして、何故か仕事もうまくいっています。

それは何故なのか?

自分なりに考察してみました。

自分へのあきらめから始まった

うつ病からの復職後も、気分に波があって苦しいときもありました。

同じ感じで仕事をしていても良くはならない。

そう思い、いろいろ考えた結果、僕は「一生懸命仕事をする」のをあきらめたのです。

www.meishiki-macru.com


・会議で発言できなくても気にしない

・上司に嫌われても別にいい

・評価が悪くてボーナスに響いても気にしない

・失敗して当たり前。

・「仕事ができないやつ」の烙印を押されても構わない


などなど、今までこだわっていた多くのことを手放しました。

平常心って大事

最近は、上司に委縮しませんし、会議で社長に対し発言するときも怖くなくなりました。

そしたら、何故かいろいろな仕事がうまくいっているのです。

会議での発言も積極的にできるようになりました。

他部署の部課長と話すときも緊張しなくなりました。

パワハラ気味の上司に対しても委縮もしなくなりました。

その上司に対して気を使うことがなくなりました。

とても楽~な気持ちで仕事をさせてもらってます。

少しだけ仕事が楽しかったりします。不本意ですが。

そこで気づいたのですが、「仕事ってこういうことなのかな」ってこと。

平常心って大事。楽しむことって大事。

www.meishiki-macru.com


今までの僕は力が入りすぎていたり、必要以上に緊張していたり委縮していたり。

自分で自分の能力を下げていたのかな~と。

今の僕は吹っ切れているので、誰にどう思われたっていい。

なので、思ったことバンバン言えるし、自分の信じたように仕事をしている。

自分で勝手にかけていたリミットスイッチを外すことができた。

それが今のところ功を奏しているのだと思います。

調子に乗らない

大事なのは思い上がらないこと。

調子に乗るとロクなことがない。

あくまで僕は、「仕事ができない奴」。

勘違いしないように気を付けたいと思います。

まとめ

「力を抜いて仕事をする」

これが、「いい仕事をするためのキモ」なのかもしれません。

みなさんも、一生懸命に仕事しすぎて疲弊する前に、

「力を抜いて仕事をする」ことを意識してみてはいかがでしょうか。


※今日も守れなかったマイルール。

www.meishiki-macru.com

なかなか難しいですね。

所要時間、40分。
紙に書き出す、15分。
ブログを仕上げる、25分。