迷色まくるの巡礼の日々

迷色まくるの巡礼の日々

ワクワクを優先して生きていく

いだてん第一部の好きなところを振り返ってみた。僕は「シマちゃん先生」が大好きなことに改めて気づきました。

大河ドラマ「いだてん」は昨日6/23(日)放送の第24話にて第1部が終了しました。

もう半年が経ったのですね~。早いものです。

僕は、昨年の「西郷どん」同様、毎週楽しく見ています。

小説とかドラマとか、感想を記載するのはとても苦手なのですが、自分なりに好きなところをまとめてみました。

魅力的な登場人物たち

とても魅力的な登場人物たち。

中でも、「シマちゃん先生」と「痛快男子」の2人が大好きです!

シマちゃん先生

とにかく全てがカワイイ。

最初の女中さん時代の「弥彦ぼっちゃま」を思いやる健気な感じ。

喫茶店のウェイトレスさん姿も似合っていた。

女学校の先生時代の「シマちゃん先生」って呼ばれ方。

そして、何といってもシマちゃん先生の「ウエディングドレス姿」が最高にかわいかった。

結婚の記念写真を撮影するときの笑顔がとても素敵だったなあ。

あんな可愛くて健気で素敵な笑顔のお嫁さんをもらって増野さんがとてもうらやましかった。

また、明治・大正時代の服装もとてもよく似合っていたし、当時の女性の控えめな感じの演技もすごくうまい。

僕的にこれから要チェックな女優さんです。


女優さんは「杉咲花」さんっていうんですね。

ユートピア 杉咲花ファースト写真集 /東京ニュ-ス通信社/熊谷直子

「いだてん」で初めて拝見しました。有名な女優さんなのかな?

すごくタイプです。他のドラマで主演もされているようなので見たいと思います。

ハケン占い師アタル DVD-BOX/DVD/VPBX-15861


シマちゃん先生が、「何とか無事でいてほしい」と願っていたのですが。。

「人見絹枝」さんを呼び寄せるきっかけとなった手紙に感動させられました。

痛快男子

「三島弥彦」ぼっちゃま。

天狗倶楽部のリーダー。いいとこのおぼっちゃま。

マンガみたいな天狗倶楽部。実在していたと知りとてもビックリ。

最初のころは天狗倶楽部にびっくりしたり笑わせてもらったなあ。

天狗倶楽部のへんな踊り?みたいのとか決めポーズとか。

大好きでした。

「決めポーズ」を1回くらい、僕のプライベートでやってみたいなあと思った。

僕はそんなキャラじゃないけどね。


オリンピック後に出番が少なくなりとても残念でした。

昨日の放送に久々出演でとてもうれしかった。

その他の登場人物

シマちゃん先生に書くことに一生懸命になり、時間を割きすぎてしまった。

そしたら、他の方のことを書く時間が無くなってしまった。

僕が「いだてん」を好きなのは、「シマちゃん先生」の存在が大きかったんだなあと気づかされました。

「嘉納先生」や主人公の「金栗四三」、「美濃部孝蔵」のことも書きたかったのだけど。

機会があれば書きたいと思います。

全く知らない物語

また、「金栗四三」という人物について全く知らなかったので、「次はどうなるんだろう?」と毎週楽しめました。

小説についてもそうですが、僕は事前情報をなるべくインプットしないで見たいので。

全くの白紙状態で楽しめたのが、物語を楽しめた理由なのかも。

箱根駅伝を創設したり、女子スポーツの普及に努めたり、震災後に走り回ったり、金栗さんは大人物でしたね。

第2部への期待

・「とつけむにゃあ」から「じゃんねー」に口ぐせがバトンタッチされそうですね。

 遠州~三河にかけての方言だと認識していますが、「じぇじぇじぇ」のように流行るのでしょうか?

・橋本愛さんが好演してましたが、「潮騒のメモリーズ」の相方「のん」の出番はあるのかな~?

 どこかで出演してほしいなあ。

 大人の事情はあるのだろうけど、チョイ役でもいいので、何とかなりませんかねえ。

・OP映像はどうなるんだろう。

 「阿部サダヲ」バージョンになるのでしょうか?

・第1部の主人公の金栗四三は出てくるのでしょうか?

いろいろ期待が膨らみます。

まとめ

毎週とても楽しみに見ていた第1部。

振り返ってみて「シマちゃん先生」のことが大好きだって気付けてよかったです。

第2部はメンバーもがらっと変わるのでしょうか。

楽しみです。第2部も期待したいですね。


※ 所要時間70分
①紙に書きだす 30分
②ブログに仕上げる 40分

時間がかかりすぎです。

もう少しコンパクトに書けないか、工夫が必要ですね。

こんなに時間がかかっていたら毎日更新できません。

今後の課題です。

www.meishiki-macru.com